白神山地へ

0

    春の白神ウィークというのがあり、

    1週間にわたりイベントが開催される企画がありました。

     

     

    そのうちのひとつ。

     

    「白神山地エコツアー」に参加してきました。

     

     

    登る山は、白神山地世界遺産センター藤里館から

     

    凸凹の悪路を車で90分ほど行ったところにある「小岳」

     

     

     

     

    高さ自体は1042mなので、それほど急ではないものの

     

    手つかずの自然(誰も来ない)のままのブナ林でした。

     

     

    ツアーは15名。

    ほとんど女性。

     

    ガイドさんは7名もいらっしゃいました。

     

    当然会費もありますが、記念タオルとバッチとサプリを頂き

     

    さぁ、出発。

     

     

     

    デコボコ道を車で20キロ進んだところが登山口です。

     

     

    このような事情もあり、あまり登る人も多くないとのこと。

     

     

    そして、雨女の私が参加するくらいですから当然、当日は雨。

     

     

     

    皆さん、カッパ着用です。

     

     

    行きは「新道」を。帰りは「旧道」を通るルートです。

     

     

    途中・・・・・・・・看板が熊さんにやられてぼろぼろ。

     

    道中にも筍をかじった跡がたくさんありました。

     

     

     

    ごめんよ、熊さん。

     

     

     

    聞くところによると、塗料の匂いが嫌いらしい。

     

    このガシガシも、1週間前にはなかったというので新しい傷ですね。

     

     

    雨なもので、見晴もいまいち。

     

     

    それでも頂上に到達。

     

     

    晴れていればね〜〜。

     

     

     

    証拠写真を撮っていただきました。

     

     

    そそくさと山頂でお昼ご飯を食べた後は、旧道を下ります。

     

     

    旧道の方がブナ林が多く感じます。

     

     

     

    えっちら、おっちら、下ります。

     

     

     

    その昔はこのブナ林に牛を放牧していたそうな。

     

    春に放牧して秋に引き取りにくるんだって。

     

    それまで普通に生きている牛もすごいな・・・・・・

     

     

     

     

    新緑の奥白神を堪能し、帰路につきました。

     

     

    爽やかなブナに癒されてきました。

     

    ★白神ミニ情報

    白神山地のエリアは約13万ヘクタール。

     

    その中で世界遺産の登録地区は1万6971ヘクタール。

     

    この地域は4つの自治体にまたがっていて、世界遺産エリアの

     

    約26%が藤里町とのこと。

     

     

    ★白神ミニ情報

    白神山地の年間降水量は4500弌F本の平均年間降水量の2.5倍。

     

    めぐみの雪と雨によって白神山地の生態系は育まれているのでありま〜す。

     

     

     

    ★白神ミニ情報

    白神山地は1993年12月に日本初の世界自然遺産地域に登録されました。

     

    遺産登録25周年を記念し、いろいろなイベントが企画されているようです。

     

     

    ★白神ミニ情報

    世界最大級のブナ林が広がる白神山地。これが誕生したのはおよそ8000年前。

     

    狩猟採集生活をする人々が暮らしていた縄文時代からある森です。

     


    太平山2017

    0

      今年も登ってきました太平山。

       

      我らの山、太平山。

       

       

      今年は子供さんの行事(スポ少・運動会)があって

       

      参加できないメンバーもいましたが、毎年続けていると

       

      いつかまた一緒に登れる日もくると続けています。

       


      今年は宮司さんもご一緒してくれたので安心。

       

      道中、熊の件も聞いてみたところ、登山道は人がいるものだと

       

      熊も理解しているので,ほぼ出てくる事は無いそうです。

       

      むしろ、登山道から外れてキノコや山菜などを採るため藪に入ると

       

      出会いがしらにお目にかかる事があるのだそうです。

       

      熊さん。ごめんね。

       

       

       

      昨年は泊りなしで日帰り登山。

       

      今年は山頂の山小屋に泊まります。寝れるかな・・・・。

       

       

      少し不安。

       

       

       

      御手洗まできました。(みたらしと読みます。湧水がある水場です)

       

       

       

      ここで簡単にお昼。

       

      バーナー持参組が3人もいるのでカップラーメンも珈琲も

       

      難なくご馳走になれます。

       

       

      いつもありがとう♪(心の中で感謝しています)

       

       

       

       

      山頂付近はすでに紅葉。

       

       

      私はご来光よりも、むしろ満天の星空と流れ星が見たかったのだけれど

       

      この日の夜は雨と暴風で★星どころではありませんでした。

       

       

      ぴゅ〜〜〜〜〜〜〜ご〜〜〜〜〜ごぉ〜〜〜〜〜〜。

       

      静かにきりたんぽを食べ、酒を飲み、そそくさと寝ましたzzzzzzz

       

       

       

       

       

       

      翌朝は!!晴天!!!

       

       

      誰かの「あっ、ご来光だ」との声で起きて外へ。

       

      ※画像はまみちゃんの写真を使わせていただきました!

       

       

      あっという間に上ってきます。ライジングサンでございます。

       

       

      太陽が新鮮だね。生まれたて。

       

       

       

      今回は朝ごはん係でした・・・・・・何とかその役割も終え、下山。

       

       

      その前にお約束の記念撮影です。一行8名。

       

       

      ↑カメラマンは三吉神社の方

       

      また、来年も来られますように♪

       

       

      ↑カメラマンはここに写っていない人です。だ~れだ?

       上の写真と比べてみよう!

       

       

      お天気にも恵まれた太平山登山2017.

      くるちゃんの笑顔がNO1でした!!!!

       


      2017遠征登山 茶臼岳その

      0

        つづきです。

         

         

        ようやく三斗小屋温泉「煙草屋旅館」さんに到着した一行。

         

         

        到着時間は14:30.

         

        露天風呂は毎日15:00〜17:00まで女性専用になる。

         

         

        よって、男子チームはダッシュで露店風呂へ向かいます!

         

         

        その間、私は女性専用の内風呂へ。

         

        いい湯だわ〜〜。

         

         

         

         

         

        内湯はこのほかに共同浴場として広めの浴槽2つの場所があります。

         

        あとで考えてみると、内湯も外湯もそれぞれ泉質が違っているみたい。

         

         

         

         

         

         

         

        あ〜〜〜男子たち。も〜〜〜〜。

         

        中学生か!!

        と突っ込み入れたくなるほど、くだらない事で笑ってる(笑)

         

         

         

         

         

        そして夕飯は、な・・・・なんと16:30!

         

         

         

        一人一人につくお膳こで、ちょうど良い量の夕ご飯を頂きました。

         

         

         

         

         

        ビールも美味しく!  幸せであります。

         

         

        そして、今夜は我々含め3組の宿泊者。

         

        そのうちの1組の方々を交えて記念撮影。

         

         

         

         

         

         

         

        夜ご飯終わりといえどもまだ17:00くらいだから明るい(笑)

         

         

         

         

        ここは当然、電話は衛星。電気は自家発電。

         

        よって、21:00になると消灯となり、あとは各自ヘッドランプ。

         

         

        夜は、夜で、男子たちは修学旅行状態。

        ワインはこぼすわ・・・・。ヘッドランプで遊ぶわ・・・・・

         

         

         

         

        ということで、皆早く寝たものだから目覚めも早くもう5時には朝風呂へ。

         

         

         

         

        6:30の朝ご飯を待ちに待って、あっという間に頂き

         

        7:00にはシュッパツ!

         

         

         

         

         

         

         

        大変お世話になりました。

         

        旅館の前で最後の写真です。

         

         

         

         

        下ってたどり着いた旅館なので、当然、今度はガレ場を上りです。

         

         

        ガレを上りきったら、ようやく峰の茶屋避難小屋へ到着。

         

         

        ここまでくれば、あとは下りです。

         

        上りも、下りも、いつも誰かが話して、誰かが笑っているを繰り返し。

         

         

         

        最後は「娘さん〜〜よっくき〜〜けよ!山男にゃ〜ほ〜れ〜るなよ〜」

         

        と、歌いながら、最後の「若後家さん」に反応した二人。

         

         

        旅の最後まで「若後家さん」ネタで笑っていました。

         

         

        あ〜〜〜男子って(笑)

         

         

         

         

        今回は、私がどうしても煙草屋旅館さんに行きたいと、

        ごねて実現した15周年の山登りでした。

         

        サポートしてくださった仲間の大切さと有難さを感じています。

         

        この仲間でよかった。

         

         

        楽しい旅で、かなりリフレッシュできました!

         

        来年はどこ行こうかな!??


        2017遠征登山 茶臼岳その

        0

          毎年1回は、秋田県以外に登山をしに行っています。

           

          今年は15周年記念ということで少し遠出。

           

           

          那須塩原から行く那須岳「茶臼岳」へ。

           

           

           

          そして本当の目当ては山登りをしないとたどり着けない秘湯。

           

           

          三斗小屋温泉!!(さんとごやおんせん)

           

          温泉通の方が大絶賛をする温泉旅館へ宿泊です。

          嬉しいな。行きたかったんだここ。

           

           

           

          まずは当日4:30に、三吉神社前に集合。

          誰だ!遅れたのは!!!!

           

           

           

          今回は大型のレンタカーを借りて全員(行き9名)で

          ぺちゃくちゃと、大いに話し&笑いながら向かいました。

           

           

          現地到着。

           

          登りは比較的楽なロープウェイで山頂を目指します。

           

          11:00発ロープウェイに乗り、6分で山頂(楽!!!)

           

           

           

          あっという間にロープウェイで山頂駅到着。

           

          さあ!!

          ここから山頂を目指しますよ〜〜。

           

           

           

          いやぁ〜〜ん・・・・結構大き目なガレ。

           

          ひぇ〜〜結構・・・急な坂ですよ・・・不安。

           

           

           

          かれこれ40分程度登ると、あら山頂!山頂だわっ!!

           

           

           

           

          茶臼岳、標高1915mです。

           

          まだまだ皆さん、元気です。

           

           

           

           

          ちょっと早いけど、まずここで昼ごはんでも食べましょか!

           

          地元の小学生も登ってきたぞ!

           

           

           

           

          昼ごはんは、友人たちがバーナーでお湯を沸かしてくれるので

          みな思い思いのカップラーメンを差し出して、お湯をもらいます。

           

           

           

          山頂でいただくカップラーメンは最高です!!

           

          う====。小学生たちの(カップラに注がれる)熱い視線が気になる・・・・。

          ごめんね、おじちゃんとおばちゃんたちばかり食べていて(汗)

           

          さてと。

           

           

          食事が済んだら、今度はほぼ下りで、

          今夜の宿を目指します。

           

           

           

          ガレが多くて、あちこちから硫黄の噴煙。

           

          活火山だから、山肌も独特の溶岩流れたような跡。

          (どうぞ、噴火なんてしませんように。なむなむ・・・)

           

           

          まるで、鬼が島。鬼ちゃんいるかな?

           

           

          くだりは下りで足にくるんだよね〜〜。

           

          なまった身体にはキツイわ〜〜。

           

           

           

          写真だけは元気そうにね!

           

          ※私少しスカート短くないか!!??

           

           

           

           

          山頂からしばらくはガレ場の下り。

           

          風が強い峰の茶屋避難小屋からも、ガレの急な下り。

          こりゃ風が強いと滑落するわな。

           

           

           

          途中のもう一つの避難小屋を過ぎると、ここから低木の林の下りに入ります。

          割とハッピーロードも多く、ラッキー❤

           

           

           

           

          ハッピーロードを進むと、急に視界が晴れ、そこに今夜の宿が!!

           

          三斗小屋温泉にある2つの旅館のうち、

          露天風呂がある「煙草屋旅館」さんです!

           

           

           

          つづく。


          太平山2016

          0

             

            今年の太平山登山は、メンバーのお仕事の都合で

            なんと!私含めて3名しかいない。

             

            しかも日帰り。

             

            しかも他の二人はいつも登っているベテランさん!

             

            遠征で日帰りは経験あるけれど、太平山は初めて!

             

            その日、山小屋へ宿泊のグループが18名いるとのこと!

            それに自分達も・・・・となると、神社さんにご迷惑になるのでは!

            思い日帰りとした次第です。

             

            そういえば・・・・過去の日帰りの登山で辛かったのは、白神岳。

            片道4時間。水場なし。だらだらの尾根が続く辛い山でした。

             

            そして、秀麗無比なる鳥海山も。

            8月に登ったせいか雪が少ない分岩がむき出しで

            その分アップダウンも激しく、虫にもやられてシンドカッタ・・・。

             

             

            さてさて、太平山はいかがなものか・・・・。

             

             

            気温もそれほど高くない。

            天気も上々!

            往復なので朝7:30には登り始めました。

             

             

             

            順調に進み、太平山中腹の御手洗(=みたらし)という

            湧水の水場にやってきました。

             

             

            ブナ林が綺麗です。

             

            今回はメンバーの方が湧水を汲んで沸かして、

            美味しいコーヒーを入れてくれました。

             

             

             

            チョコレートとロールケーキを頂きながら

            ブナ林の中で飲む暖かいコーヒーは格別です。

             

             

            ここ御手洗は唯一ソフトバンクが通じる場所なので

            すかさずフェイスブックに投稿もしました!

             

             

             

            このあとはソフトバンク通じなく、スマホ役立たず。

            でもdocomoはバリバリでした。くっそ〜〜〜。

             

             

             

            そうこうしている内にあっという間に七曲り。

            鐘を鳴らして、鳥居で礼をして、心臓破りの階段を上り無事山頂へ到着。

             

             

            ゆっくり登ってくださったので、あまり疲れる事もなく

            登ることができました。

             

            山頂でのお昼は、お約束のカップヌードル!

             

            ああ・・・なんで山の上では汁物がこんなにも美味しいのだろう。

             

             

             

             

            お昼を食べたらすぐに下山します。

            あいにく山頂はガスってきました。

             

            はよ、降りよ。

             

             

             

             

             

            下りは驚くほど順調で、山頂に泊まった翌日に降りるより

            ずっと、ずっと楽ちん。

            足が疲れを察知する前に(筋肉痛になる前に)降りると

            こんなにも楽なんだとびっくりでした。

             

             

            あとはユーランドさんのお風呂に直行!

             

            そして、び〜〜る。

            そして、チャーシューメンマ。

            そして、餃子。

            そして、麻婆豆腐。

             

            これらは下山時に呪文のように唱えてきたメニュー。

            ああ・・・この達成感。至福のひとときでした。

             

             

             

            今年も無事登らせてくれた太平山と、

            サポートしてくれたメンバーに感謝です。

            今年登れなかったメンバーもこうして続けてさえいれば

            どこかのタイミングでご一緒できるので、待ってるよ。

             

             

            山と仲間に感謝♪ありがとうございました♪


            姫神山登山2016

            0

              今年の遠征登山は、お隣の岩手県の「姫神山」で〜す。

               

               

              当日はぐずついた天候で、時折雨もぽつり。ぽつり。

               

               

               

              今年は現地集合にしたので、それぞれ車で乗り合い、

              駐車場でまちあわせ〜。

              ここの駐車場が今回ルートのスタート地点ですが、

              すでに標高550mあります。

               

               

               

               

              あと1台の車をまつ。まだかなぁ〜〜。

               

              ここだよ〜。

               

               

               

               

              全員そろった所で、登る前の元気な集合写真を!

               

               

               

              姫神山は、盛岡市北東にある1124mの山。

               

              西には男性的な岩手山があります。

               

              登山ルートは4つほどありますが、今回は北西方向からの

              1本杉コースを登ります。

               

               

              駐車場を進むと、まるでスキー場だったような小高い丘に出ます。

              芝も綺麗で牧場地のよう。

              晴れていれば絶景なのでしょうが、今日はあいにくの靄で

              な〜〜んにも見えません。

               

               

               

              駐車場から約5分程度で標識のある登山口です。

               

               

               

              ここから15分ほど歩くと、名前の由来にもなっている

              コースのシンボル1本杉があります。

               

              以前はここで清水と呼ばれる湧水があったそうですが、

              現在は飲料禁止。

              水場がないって厳しい〜〜〜ね。

               

               

               

              ひときわ立派な、大きな杉が目を奪います。

               

              でも葉が枯れて黒くなっていました・・・頑張れ。1本杉!!

               

               

               

               

              この1本杉を超えると、急な階段がつづく「ざんげ坂」になります。

              めまいがするほど、階段が続いています。やだ〜〜〜。

               

               

              ざんげ・・・・・ざんげ・・・・・と懺悔する案件を頭で数えつつ

              もう悔い改めますから何とか階段を終えたい。。と切に願って

              ようやく登りきると丸太のベンチがある五合目。

               

               

              ひ〜〜〜〜〜〜〜。

               

               

               

              ようやく五合目。

               

               

              いや〜〜ん。アブがいる。

               

               

               

              五合目で少し休憩をして、

              さて山頂を目指しますよ。

               

               

              しばらく進むと木の根っこが道を作っている山道へ。

               

              まるで太平山みたいだね〜〜と話しながら進むと、

              ふたたび短い階段が・・・・

               

              もう階段はご馳走様。もうおなかいっぱいです。

              ごめんしてください・・・・・・・・・(泣)

               

               

               

              ようやく階段地獄をすぎると8合目。

               

               

              標柱に「山頂まで720m」とあります。

               

              ごつごつの大きい岩が出てきます。

              手も、足も、駆使して登ります。手袋してきてよかったわ〜。

               

               

               

               

              お天気なら、本当に景色が良いんだろうな・・・・と思いながら

              時折降る雨を見上げながら、さぁ!  山頂へ!

               

               

              山頂のすぐ下の標高1100m地点で道は二つに分かれます。

              私たちは直進して、目の前の岩場を慎重に進みます。

               

              なに〜〜、このロープ。サバイバルゲームみたい。

               

               

              そ・・・・し・・・・・て!

               

               

               

              あれっというほどあっけなく、景色が開け、山頂へ!

              山頂には姫神神社のほこらと、1等三角点があります。

               

               

               

               

              360度ガスってなにも見えません。

               

              でも、まずはお昼ご飯!

               

               

               

               

               

              無事登り切り、お昼ご飯も食べて、下山。

               

              今回はカップヌードルを持参しなかった事だけが悔やまれます。

              来年は絶対忘れないぞ。

               

               

               

              今年は下山後もお楽しみがあるのです。

               

               

              例年の温泉旅館も良いけれど、今年はメンバーのご厚意で、

              なんと、今夜のお泊りは安比高原の別荘です!

               

               

              ひときわ目を引く素建物!素敵です。

              ログハウスです。20人泊まれるそうです。

               

               

              中も素敵です。キッチンもお風呂(温泉引き込み)

              も2つずつある豪華さ。

               

               

               

              テラスもついているとの事でしたので、今夜はもちろんBBQ!

               

               

               

              ここらへんは得意なメンバーが多いので、全員がきびきび動き

              椅子テーブル、バーベキューコンロ、ランタン、蚊取り線香、

              BGMを滞りなくササっと準備し、

              あとは自由気ままにかんぱ〜〜い!

               

              思い思いに食べて飲んで、明かりを全部消して満天の星空を眺め

              夜はふけていきました。

               

              もちろん、お料理は本格的なもの!

              ○田シェフ特製のアクアパッツア旨かった〜

              ○天気やさんからのお肉もやわらかくて最高。

              すべて食べ切れぬほどのご馳走!

               

              夜も更け・・・・

               

              なんだかんだと言いながら、ソファーで寝てた人も、

              無事に自分の部屋(決めてないけど)へ戻り就寝。

               

               

               

              翌朝は、早出組のためにおにぎりを握り、

              遅出組のために朝ごはんを作り(男性シェフがここでも活躍)

              皆美味しくいただき、素敵な別荘を後にしました。

               

               

              2日間楽しかったっす。

               

              ありがとうございました。最高の山の仲間です♪

               

               

              来年もみなと一緒に変わることなく登れますように!

               

               

               

               

               

               

               

               


              太平山2015

              0


                地元の太平山に仲間たちと登ってきました!

                素晴らしく強力な雨男がいたせいか、土曜日の天気は雨。




                登りはじめはポツポツだったけれど、次第に雲行きも怪しくなってきました。。。。

                なんとか持ってくれたらいいな・・・・・。



                今回は先発隊と後発隊(お仕事の都合で昼過ぎに旭又を出発隊)の

                二手に分かれて、いざ、山頂へ!


                私は子供たちチームと一緒に先発隊!




                久しぶりの山は気持ち良かったです。

                それよりも、何よりも、石井スポーツで買った例の機能的なタイツがすごく役立った。





                やっぱり歳をとってきたら道具だね、道具。



                道具大事。



                御滝神社で小休憩後は、本格的な山道になります。









                あ〜〜〜〜〜、やっぱり降ってきた。



                どんどん、ふってきた。



                すごい土砂降り。




                もう笑うしかないくらいの大雨。
                (本当に可笑しくなってきて笑ってました!)


                 尾根に出るころは、ガスって少し先も見えません。

                もちろん山頂もみえません。




                (ふつうなら、ここが一番視界良い場所)







                ようやく山頂。さっさと着替えてさっぱり。






                山小屋についたらトラブル発生。


                なんと発電機の故障で電気がつきません。


                よって冷蔵庫もありません。

                急きょ外で水につけて冷やしたビールを準備し

                夕飯の支度(もちろん!新米きりたんぽです。)も、明るいうちに済ませ

                まずは食事前の「練習」を。




                練習も、こなれてきた頃(日がおちかかるころ)

                ようやく、びしょ濡れになって後発隊が到着しました。






                いゃ〜〜〜日が暮れる前に着いて本当によかった。




                全員そろったところで、ランタンとヘッドライトを装着しながら夜ごはんで〜す♪


                ※写真まがっている。ごめんさい。



                そんな、こんなで、山小屋の夜は更けて・・・・






                はい。



                翌朝。


                下界情報では晴れているとのことでしたが

                山頂は雲の中。

                まだまだ曇っています。

                奥宮にお参りをして記念撮影です。







                また、来年きます!




                ゆっくり下山をしてきたら、御手洗(地名)のあたりではもう青空が!







                今回は雨に降られたものの、

                例のタイツのおかげで、今までで一番楽でした。

                みなさん。石井スポーツに行ってタイツを買いましょう!最高に楽です。





                下山して駐車場で簡単に着替え、靴からサンダルへ。


                お〜〜〜、天国、天国!


                みなさん。今年もお世話になりました。


                また来年もよろしくお願いいたします。











                 

                戯山会 2015遠征 源太ケ岳

                0

                  今年の山登り隊。遠征は源太ケ岳。

                   

                   

                   

                   

                  八幡平の一隅にある山で、真向いに壮大な岩手山が望めます。

                   

                  地熱発電所近くなので、宿は当然温泉。

                  カテゴリーは温泉にしておりますが、「温泉」「山登り」の

                  2つをお楽しみください。

                   

                   

                   

                   

                  駐車場に車を置いて、登山口まで・・・・・

                   

                  簡単な道なのに既に迷う(笑)

                   

                   

                  ようやく発見!!

                   

                   

                  さぁ、登るぞ(まだみんな元気です・・・・・)

                   

                  ★A井くんの自撮棒で!

                   

                   

                  口数も少なくなってきた頃、頂上へ到着です。

                   

                   

                   

                   

                   

                  この山の向いには岩手山。

                   

                  今の私た(わたし!?)の体力ではまだ岩手山は無理だと思う。。。

                  見ているだけで急だもの。

                   

                   

                   

                   

                  風が最高に気持ちいいっす。

                   

                   

                   

                  みんなで記撮影をした後は、お昼ごはん❤

                   

                   

                  思い思いの場所に腰を下ろして

                   

                   

                   

                  今日のお昼ご飯は残念ながら手作りではなく買ってきたおにぎりです。

                  でも、とてもデカいです。

                   

                   

                  大きいだけあって、3種類の具材がバランスよく入っていました。

                  空腹に勝る美味なし!間違いなし!

                   

                   

                   

                  お昼を終えたら、この先のルートを確認。

                  尾根を縦走します。

                   

                   

                   

                   

                   

                  大深岳です。

                   

                  まぶしい・・・・・

                   

                   

                  尾根は比較的歩きやすいし、風も気持ちいいのですき。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  いままでは私が撮影係でしたが、今回は撮影部隊がいるので安心。

                  撮ってもらうほうが楽だわ。

                   

                   

                   

                   

                  足元に気を付けながら、無事下山し、今夜のお泊り温泉宿へ。

                   

                   

                   

                  松川温泉に到着!

                   

                   

                  ひなびた感じがいい。

                   

                  もちろん。日本秘湯の会の宿であります。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  入口には源泉と、源泉につっこまれているたまごたち・・・

                   

                  きっと、明日の朝食に出るに違いない。

                   

                   

                   

                   

                  日も暮れてきました。

                  一っ風呂あびてきましょう。

                   

                   

                   

                   

                   

                  昔はこの渓流に橋がかかり、川向こうにこの宿の売りであった

                  洞窟風呂があったんだけど、地震でどうやら崩壊し、いまはそのままの様子。

                   

                   

                  その代り、館内は新しくお風呂もリニューアルされて綺麗になっていました。

                   

                   

                   

                   

                  温泉発見が、な・・・なんと平安時代。

                   

                  見つけた人、偉いわぁ〜〜。

                   

                   

                   

                   

                  では、この日貸切となっています(偶然)、女風呂をご案内!

                   

                  こちらが女性更衣室から行ける女風呂。

                   

                  天然温泉が2つの浴槽に分かれて、あつめ、ぬるめとあります。

                   

                   

                   

                  ここから外の男女混浴風呂に行けるのですが、まだ日も高いから夜にしよう。

                   

                   

                   

                   

                  混浴はこんな感じ。

                   

                   

                  男性脱衣所からは、ダイレクトでこの混浴に行けるようになっています。

                   

                  ここの混浴のお風呂は昔からあるところで、女性の内湯を新規に作ったみたい。

                   

                  お湯が本当にフレッシュです。

                   

                   

                  ふふふ、ふれっしゅ。ふふふ、ふれっしゅ。ふれっしゅなお湯。いかがですか♪♪

                   

                   

                   

                   

                   

                  そして、もうひとつの女性用内風呂。

                  こちらは昔からある内湯です。

                   

                   

                  もちろん、泉質は同じ。極上です。

                   

                   

                   

                  存在感ある岩があって手すりにつかまりながらソロソロと入る。

                   

                   

                   

                   

                  内湯にも小さいけれど

                  露天があるのです。私は当然独り占めであります。

                   

                   

                   

                   

                  お風呂ですっきりのちのお楽しみはごはん。

                   

                  宿のご飯はそそと終え、後は部屋で宴会で〜〜す。

                   

                  夜ご飯。

                   

                   

                   

                  そして、朝ごはん。

                   

                   

                   

                   

                  翌日。ご飯を終えて、宿を後にします。

                   

                   

                  夏ですが山の上は気温も低め。

                   

                  13度しかありまへんがな。

                   

                   

                  高原にはまだ残雪もちらほら。

                   

                   

                  宿を出て、

                  車で到着したのが、東北の中で一番標高が高いところにある温泉。藤七温泉。

                   

                   

                   

                   

                   

                  内湯と露天風呂(野天といった方が正しいかも)がある。

                  湯着も売っている。

                   

                   

                   

                  でも、炎天下の中、

                  湯着を買って着用してまで露天風呂に入る元気も勇気もなく

                  内風呂で満足。

                   

                   

                  しかし、あっち〜〜。(気温も湯も)

                   

                   

                   

                  このあとは少しだけ近場観光をし、鹿角でホルモンを食し、帰路についた

                  充実の遠征でした。

                   

                  遊んでくれたみなさん。

                  ありがとうございました。

                   

                  来年もよろしくお願いします。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   


                  秀麗無比なる鳥海山よ♪

                  0
                     少し前になりますが・・・・


                    一度登ってみたかった、秋田県民歌にも出てくる鳥海山(ちょうかいさん)。
                    とうとう行ってきましたよ。


                    登ったのは、いつもの仲間達と。





                    でも、お仕事がすごく忙しい時期だったので
                    トレーニングもままならぬまま、その日を迎えたので、登る前からドキドキ。。。





                    前日からの雨もやみ、メンバー内の晴れ男に感謝しつつ、いざ、山頂へ!






                    るんるん♪ らんらん♪ この道がずっと続けばいいのになぁ〜。




                    そんな甘い期待もすぐに折れました。
                    太平山と違って、最初からゴツゴツの岩山の急勾配です・・・。



                    途中3箇所ほど、大きな雪渓があります。。。万年雪なんだろうな・・・。






                    アイゼンを買って持っていったけど、つかわなくても大丈夫そうね・・・。


                    まだまだ余裕。










                    ひゃっほー!



                    で、この後は、雪が溶けた分岩肌が露出していて
                    かなり登りづらい状態。

                    2本の足と、2本の手を駆使しながら何とか、かんとか、山頂へ!





                    本当は新山の方まで行きたかったのですが、体力に自信のあるメンバーだけ
                    新山に向かい、あとのメンバーは30分の休憩のち、すぐに下山準備です。



                    山頂のカップヌードルは最高にうまい!!










                    この景色を見にやってきました。
                    ひゃっほ〜〜〜〜。感激ぶしゅ〜〜〜〜〜っ。








                    今回は矢島口の祓川から8:00頃上り始め
                    13:00すぎにはもう下山してきました。

                    それでも祓川駐車場に着いた頃には日も暮れかかり・・・・

                    さすがに往復はキツイわ・・・・・






                    帰りは雪渓が下りになるので、怖かったわ=====


                    ※せっかく買ったアイゼンは第二班の方のリュックの中へ。。
                     結局使わずに戻った次第です。


                    帰りの下りは早いけれど、さすがに足に疲労がくるね。



                    それと・・・・・・・・・・・・・・虫。



                    あちこち飛んでいて、人間を襲ってくる。
                    特にゆっくりと歩く私なんかは最高のご馳走。
                    下山後に気が付くと、耳なし法一のように虫よけスプレーをしていない耳だけが
                    刺されていました。


                    その後、耳の虫さされが暫く痒くて、治りませんでした。
                    回復力も落ちているのね。年よ、年。



                    引きずるようにしてその日は温泉宿泊。
                    ビールを飲んだらもうダウン。


                    しばらく山はいいな。見るだけでもご馳走様って感じでしたが
                    翌日も何故かドライブがてら鳥海山(笑)


                    象潟口から鳥海山を見たあとは、メンバーで酒田へ移動して
                    マグロを堪能して帰りました。



                    いや〜〜〜。噴火しなくて良かった。


                    でも活火山だけあって斜面はゴツゴツ岩だらけでした。
                    さすがの無比の山でした。


                    鳥海山さん、無事に私を下界へ帰してくださりありがとうございます。
















                    三吉神社

                    0
                       
                      山登りのキッカケにもなった、秋田市太平山に奥宮を持つ
                      三吉神社さん。


                      商売の神様と言われるだけあり
                      毎年1月17日にはぼんでん祭りが開催されます。



                      各町内や企業、団体が自分たちで作成した「ぼんでん」を、
                      我れ先にと、半ば喧嘩のようにして神社に走り奉納します。

                      ホンモノは見た事がなかったのだけれど、
                      たまたま17日の午後に、神社に用事があり伺うと・・・・・・



                      ほら。






                      沢山のぼんでんが、午前中に奉納され飾られておりました。



                      この日はお天気も穏やかで、時折、青空も覗く爽やかな冬の日。

                      きっと晴れ男さんが多かったのでしょう。






                      ここの神社にとって、17日というのは政(まつりごと)の日らしく
                      何かの行事は決まって17日。


                      私は7月17日生まれだけど、何か・・・・あるのかな。




                      その時に神社の境内で見た、男性と女性の厄年の一覧。
                      女性は33歳を境にその後は大厄というのはないのですが、
                      それは昔の話で、今は働いている女性は男性と同じ様なタイミングで
                      見えない厄が出てくるのだと聞きました。(あくまで一般の方から・・・)

                      と、いうことは・・・・・



                      私の次の厄は60歳還暦ね。




                      それまで、何事もないよう、大病もしないよう
                      100円一枚で、沢山お祈りしてしまう、私でした。。。。





                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << September 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM