イモトを見て南極を思う!

0

    先日、日テレ系の人気番組「世界の果てまで、イッテQ]を見た。

     

     

    それもイモトアヤコさんが南極に行くやつ。

     

     

     

    すごいな。

     

     

     

    マイナス20度の世界。

     

     

    音もなく、息さえ白くならず、独特の氷の世界。

     

     

     

    凄いな~〜〜〜と単純に思ったと同時に・・・・

     

     

     

     

    待てよ・・・・・・

     

    秋田にも偉人がいるじゃないか!!!と気が付き、

     

     

    はい。行ってきました。白瀬南極探検隊記念館!!

     

     

     

    近くまでは行ったことがあるものの、館内に入るのは初めて!

     

     

     

    でかいペンギンがお出迎え。

     

     

     

    入場料を払い、中に入ると、ど〜〜〜んと白瀬矗さんのパネル。

     

     

     

     

    この方は金浦町出身で、11歳の時に先生から「北極」の話を聞き

     

    探検家を志すそう。(もう11歳で!!)

     

     

     

     

     

    将来の北極探検に備えて、最北端の占守島で2年過ごし

     

    彼が49歳の時に朝日新聞で南極探検隊募集広告を発見!

     

     

     

    そこに応募して300名の中から合格者(27名)として選ばれ

     

    東京の芝浦から南極に向けて出発したそうな。

     

     

     

     

    入り口付近には「開南丸」の内部が復元された木造の船。

     

    実際に来ていた犬の毛皮の寝袋など、現物展示も多数。

     

     

     

     

    これが当時、南極に向かった航路だよ。

     

     

     

     

    すご〜〜く遠い。

    ウェリントンから南極まで行ったけど氷にはばまれ、シドニーに行き

     

    そこで足止め。そこから時期を見て再度南極へ向かう。

     

     

     

     

    上陸後、日本人5名が犬そりで南極点にむかい、無事到達。

     

    日章旗を立て、半年かけて東京芝浦に到着したとのこと。

     

     

     

     

    中には実際に使用されてた雪上車が展示。

     

     

     

    これは2014年に機械遺産として認定されたもの。

     

     

     

     

     

    ペンギンのはく製も。デカいな。

     

     

     

     

    みてみて!!

     

     

    南極の氷は白いんだよ。透明な部分がないの。

     

     

     

     

    南極の氷とか石とかいろいろ展示。

     

    隕石まであった(笑)

     

     

     

     

    外に出ると、南極観測船しらせの実際のスクリューの一翼が

     

    モニュメントとして飾ってあったよ。

     

     

     

    これもでかっ。

     

     

     

     

    向いには遊具やミニアスレチックコーナーや遊歩道や池などもあるから

     

    お子さん連れの方にも楽しく過ごせるエリアになっています。

     

     

     

    全然関係ないけど、帰り道、なぜか車が多数停まっている不思議な食堂へ。

     

     

     

     

     

     

    中に入るとこれまた、不思議な感じで・・・(笑)

     

     

     

    メニューにはすべて「スタミナ」の文字が。

     

     

     

     

     

    で注文して出てきたのは、いたって普通で、結構おいしいラーメン★

     

     

     

     

    何気美味しかった!!(これはスタミナコーン味噌)

     

     

     

    ご馳走さま。

     

     

     

     

    秋田県民でまだ、白瀬矗を知らない方は是非行ってみてください!

     

     

     

    イモトもすごいけど、あの時代に命がけで南極点を目指した

     

    秋田の男もすごいよ!

     

     

    ※最後に後悔がひとつ・・・・南極の地図が売っていたのだけど買わないできた。

                買ってくれば良かった〜〜〜〜意味はないけど

                欲しかった。

     

     

     

     

    白瀬南極探検隊記念館

    秋田県にかほ市黒川字岩潟15−3

    電話0184-38-3765 FAX0184038-3762

     

    9:00〜17:00 毎週月曜日定休  入場料300円

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM