春の土づくり

0
     
    久々のブログです・・・・。

    なかなか書き込めず申し訳ありません・・・・。

    いつも見に行ってまた更新がなかったのでがっくり・・・との
    声も頂いております・・・・・・・。今後頑張ります。




    さてさて、


    震災があってから
    可能な限り、自宅→会社→自宅 と徒歩で通うようにしています。
    もちろん健康(本当はダイエット目的もあり・・・)と、省エネ(ガソリン高いので)のためです。


    早足で歩くと30分程度なのですが
    はじめはとても長く感じました。


    いまは春に変わっていく風や、まわりの風景を見ながら
    楽しく歩けています。

    そんな中、とても気に掛かる事がありました。

    昨日まで手つかずであった道筋の畑が、どんどん春の土づくりをはじめ
    畝を作ったり、肥料をやったり、土を起こしたり、石灰を播いたり
    日に日に春の農作業の準備が進んでいくではないですかっ!!


    あせる・・・・・。




    非常にあせる・・・・・。




    昨年末に苗付けをした「my玉ねぎ」もへなちょこのままだし・・・・・。






    と、悩みながらようやくお休みとお天気に恵まれ
    私も準備が出来ました。

    まずは玉ねぎちゃんのお手入れ。
    雑草をすこし整理して、マルチに土を入れてパンと張り、
    少しだけ追肥しました。



    玉ねぎは植えたのが、かなり遅かったので
    苗自体がすでに老けていて、根がついたのは数本でした。。。

    ま、


    初めての玉ねぎ作りなので出来ただけで上等!


    ちょうど秋田では、いまようやくクロッカスの季節。









    植えたわけでもないのに、ちゃんと毎年咲いている。
    賢いやつだ。



    で、私は自宅の横の砂場の一部を
    テスト用地としていろいろな作物を今年から植えるつもりで
    土起しをして、石灰を播きました。





    まあ、家庭菜園のさらにまねごとみたいなので
    恥ずかしい限りですが、見よう見まねで今年も頑張ってみますね。



    時々、私の「なんちゃって畑バージョン」を実況します。



    昨年はジャガイモ・人参・とまと・きゅうり・大根を収穫。


    今年は3歳の双子の甥っ子のためにサツマイモでも
    植えようかと画策中。





    では、又アップします。



    汗書いた〜〜〜〜爽快。





    秋田市自宅の畑より

    ついに・・・・森伊蔵

    0
       

      昨年暮れ、エブリの忘年会の席で
      うちのウェブデザイナーS君が、「森伊蔵飲みたいんだけど手に入らなくて・・・」と
      言うではないか。


      私の悪い癖で
      すぐに何とか願いを叶えてあげたくなる。

      それと普段から無理を言っている罪滅ぼしの意味も込めて
      手に入れようと決めた。


      で、ネットで検索。



      む、む、む・・・・・。


      どうやらかなりいろいろな方法があるみたい。

      まず普通に購入する場合はJALに乗って機内販売(国際線)で買うか、
      地元の酒販店に申込み気長に待つか、
      高いお金(20,000円〜40,000円位)を出して都内の某有名百貨店で手に入れるか、
      蔵元が毎月行う抽選に地道に応募するか、

      の方法しかないみたい。





      こんな大変なんだ。。。。プレミアム焼酎って。






      中には蔵元の抽選に当選する必勝法の本なんかも出てる。
      すごいな、こりゃ。



      で、決めました。
      抽選で手に入れてみる!


      抽選方法は
      毎月15日〜25日の間にひたすら電話をかけ、電話が繋がれば申込み完了。
      翌月1日〜14日の間にひたすら電話をかけ、電話が繋がれば当選か落選か分かる仕組み。
      当選したらさらに翌月の中旬に送られてくる仕組み。


      まず、繋がらない。
      10回に1回繋がるか、どうかって位の確率。


      年末24日と25日の二日間・・・・・電話する。電話する。電話する。なんとかようやく申込み完了。
      1月1日から、今度は抽選結果を聞くために、電話する。電話する。電話する。電話する。



      繋がった!
      アナウンス:この度は・・・誠に恐れ入りますが・・・・・またの・・・・・。



      駄目だった。







      でも諦めない。
      この粘りが仕事にも生かされていれば、
      エブリもさらに発展するのにな・・・なんて考えながら苦笑い。




      1月15日から・・・・・・・電話する。電話する。電話する。なんとかようやく申込み完了。
      2月1日から、今度もまた抽選結果を聞くために、電話する。電話する。電話する。




      繋がった!
      アナウンス:この度は、お買いあげありがとうございます。


      感激


      二回目(足かけ2ヶ月?!)で当選できたのは運が良かったから?

      で、翌月(3月)の中旬に送られてくるはずだったんだけど
      森伊蔵の方から3月14日にお電話を頂き、この度の震災で
      宅急便が東北地方に行かない。とのこと。


      ここまで来たら待ちますよ。なんてことない。





      で、







      本日、到着しました。じぃ〜〜〜〜〜ん。



      一応、あけてみようっと。



      おそるおそる、ぺりぺり。。。




      ふたをそぉ〜〜っと開けると



      ジャジャジャ〜〜ン「森伊蔵」くんがいた。




      こんなに難儀して手にいれたけど、味わう事なくS君へあげる。





      S君。味わって飲んでくれ。
      お祝いも兼ねて。


      中には震災で発送が遅れた旨のお手紙も入っていた。
      この蔵元さんは、本当に森伊蔵を飲みたいと望んでくださるファンのために
      毎月仕込み、毎月定量を、お送りして焼酎の味を守っているそうな。

      沢山作れば、もっと売れるだろうけど、そうしない所がこの蔵の素晴らしきとこ。





      S君。あとで飲んだ感想教えてね。






      水没後の学校

      0
         
        娘がいた宮城県岩沼市の学校と寮。

        1つ下の後輩(寮生)から送られてきた画像。




        松の木も、桜の木も ほとんどなぎ倒され・・・・







        教室は瓦礫と、まだ泥が大量に・・・・。



        この学校は新入生はもちろん、在校生も6月まで自宅待機とのこと。



        娘の後輩さんは、いても、たってもいられず
        学校を訪れ、その悲惨な状態に思わず写メで娘にメールをくれたそうな・・・・。


        思い出深い松林に囲まれた静かな寮も、
        一所懸命に勉強し、資格取得に励んだ学校も、いまは瓦礫の中。


        悲しいとか、可哀想とか、以前に
        この4月から来春に向けた就職活動がほとんどできない。

        娘の時は「超氷河期」と言われたけれど、今回はそれ以上。
        後輩さん達とその親御さんの事を思うと、本当に罪深き震災だと改めて思います。





        後輩さんからの写メールより。

        無事到着!

        0
           
          先日、被災地へ荷物をお届けするために物資を募っていた
          加藤哲建築事務所さんから、お礼のお手紙と当日のレポートが届きました。




          2月19日の朝2:30分に秋田を出発し、
          秋田市〜田沢湖〜盛岡〜区界〜小国〜大槌 の経由にて
          同日、朝8:30に到着したそうです。




          さすが、建築事務所さんだけあって
          持参したベニア板をその場で切って、組み立て、釘を打ち付け
          避難所用にゴミ箱と棚を作ってこられたそうです。

          さすが。技を持っている人はこんな時には神様です。



          詳しいレポートがお礼のお手紙とともにありましたので、抜粋してご紹介します。



          現地へは
          4トン車、ハイエース、プリウス、2トントラック、2トンロングトラックの5台で出発。


          大槌小学校は被災しており、城山中央公民館の避難所へ物資をお届け。
          この避難所は避難所本部になっていて自衛隊の方々と共に荷物を降ろし、
          ここから大槌町の各避難所へ物資は配分されるとのことでした。


          2箇所の避難所をみた感想として、毛布は自衛隊により一人2〜3枚は配られ
          食料も全国の企業からペットボトルやカップラーメン等は沢山あったとのこと。

          でも、加藤さんが物資を届けた時は、まだ衣類等の物資は届いていなかったようで
          こんなに大量に届いたのははじめてだ。と喜ばれたそうです。




          私の長靴と娘たちのジャンパーも、誰かの役にたっているかな・・・?


          よかった。



          でも、こんなニュースも。



          娘がお世話になった学校のある岩沼市。

          卒業式をした隣りが、いまは遺体安置所・・・・
          なんともやるせない気持ちです。




          そうかと思えば


          せっかくお花を飾ったのに・・・・・なに?!・・・・この雪。


          まだまだ東北は春が遠いようです。
          雪ベラも灯油缶も、お片づけはまだ先ね。




          秋田市 オフィスエブリ事務所

          確実に届け!救援物資★

          0
             


            東北関東大震災による被災地、被災者のみなさまに
            心よりお見舞い申し上げます。



            たった数百キロしか離れていないこの秋田で
            なんだか、毎日、温かいお風呂とお布団に入れることが
            申し訳なく感じておりました・・・・・






            そんなとき、地元「秋田魁新聞」のひとつの広告が目に入りました。

            とある建築設計を行う会社が、明日(19日)に手配した車輌で
            被災地に向かうとのこと。そして、支援物資の応援をお願いしたいことなどが
            掲載されていました。



            みてみると、19日に出発して向かう先は
            「岩手県 上閉伊郡大槌町立大槌小学校」の避難所へピンポイントらしい。



            エブリの近くでもあるみたいなので
            急遽 出来る限りで支援物資をお届けすることにしました。


            まずは、地元のホームセンターへ行って必要と言われているものを
            大量に買い込み、それと要望があった子供用の絵本を準備し
            ついでに、事務所にあったドリップコーヒーも段ボールに詰めました。





            ★何が入っているか紙に書いて貼るように指示があったの!


            これをまずは17日に持ち込みました。





            が、まだまだ気が収まらずに自宅に戻り、
            家で使っていないマフラーや防寒着(クリーニング済み)を集め
            娘達に連絡をして、支援してもよいか了承を取り、
            再度、18日朝一番に、またまた持ち込みました。







            作業用の軍手や長靴も必要とのことで
            両親にも「なんかない??」と言ってみたところ、あるもんですね〜〜〜。


            出てきました。新品の長靴と軍手!!







            明日の何時に出発か分かりませんが
            現地にはかなりの支援物資が山積みされていました。


            みんな、わたしとおなじ。
            自分のできることを、出来る範囲で、見知らぬ誰かのために。










            どうぞ、よろしくお願いします。




            秋田市将軍野 加藤哲建築事務所さんより

            地震

            0
               


              みなさん、無事ですか?




              今回の地震により被災されました方々に心よりお見舞い申し上げます。

              あんまり凄いので言葉もありません。


              2日遅かったら、私も岩沼の津波に巻き込まれていたかも・・・・。
              (卒業式・・・)




              仙台空港にほどちかい娘の学校や寮も水没。。。。。。。。

              学校内にある訓練用の飛行機やTT車も水の中で折れ曲がり
              ほとんどが流されて学校機能を失ってしまった様子。
              最後の卒業生になったみたいと、娘も心を痛めています。



              先日「ヒアアフター」という映画をみました。
              冒頭に津波に巻き込まれる主人公の映像があるのですが
              まさに映画そのものの現実です。



              テレビでお母さんが津波に巻き込まれた小学生の女の子が
              「おかあさ〜〜〜ん。おかあさ〜ん。。。」と叫んでいた姿をみて
              なんともやりきれず涙が出てきました。



              なにもできず、日常に戻りつつある自分に罪悪感さえ感じます。





              事務所にて。





              これもカエル あれもカエル

              0
                 

                会社を設立したときに偶然K社長からお祝いとして
                頂いた銅製のカエル。

                可愛くなるようにエプロンと網(なぜか会社の備品)を持たせました。




                それからカエル関連のプレゼントを頂くようになり
                事務所にはカエルが増えていきました。


                以下、松坂慶子「愛の水中花」風に・・・・♪(古っ)


                これもカエル

                あれもカエル




                それもカエル



                どれもカエル



                コピーまでカエル



                みんなカエル





                最後に先日 Sちゃんから頂いたカエル



                お金貯まりそうです。


                やった



                エブリ事務所より。

                卒業式

                0
                   
                  3月9日 娘の卒業式に参加してきました。


                  生後3ヶ月から保育所に入り、これが最後の卒業式。

                  下の娘なので、子供の学校関連行事としても、これが最後になります。
                  感慨深いものがあります。




                  娘も頑張った。
                  私も頑張った。



                  この超氷河期の中、
                  しかも あれこれ難題の多い航空業界。
                  なんとか正社員で羽田空港で働けるだけでも 有り難いよね。



                  卒業生のほとんどが就職を決めての卒業です。みんな頑張ったね。






                  娘は死ぬほど頑張って、沢山資格を取ったから市長賞をもらったよ。



                  我が娘ながら、すごいやっちゃ。
                  母とは違うな。



                  早期研修ですでに羽田空港で働く娘。


                  社会人としてゆるやかにテイクオフできたみたいで 良かった。





                  お母さんは何も教える事ができなかったけど
                  ただひとつ言ってきかせてた事があります。


                  一人で暮らし、一人で稼ぎ、一人で生きていく力をつけなさい。
                  そして人に助けてもらえるような人になりなさい。

                  自力と他力だな。




                  どんなに可愛い娘でも私のものではないし、彼女の人生。

                  だから、強く、優しく生きていってほしい。



                  嬉しいし、寂しいし、ほっとしたような、「終わった・・・・」って感じ。



                  おじいちゃん、おばあちゃん。そして弟夫婦にも感謝。
                  ありがとうございました。



                  宮城県 岩沼市より。

                  ご無沙汰の三連発

                  0
                     

                    大変長らくお待たせ致しました。2週間?のお待たせです。





                    そのあいだ・・・・
                    あちこち行ってました。



                    まずは東京、横浜。


                    友人のお見舞い+娘に会いに行ってきました。


                    待ち合わせまで赤レンガ倉庫に行き、
                    ほ〜〜〜〜デートスポットだな〜と感心しながらうろうろ時間をつぶし



                    調子こいて、赤レンガから山下公園のなんとか丸が係留されている所まで
                    てこてこ歩いて行きました。




                    結構歩いて、へとへと・・・・・。
                    娘(下の)には
                    「お母さんはすぐ疲れるのに調子こくから!!!」と怒られ
                    ひたすら歩きました・・・・・。




                    夜景を見ながら「横浜・・・・たそがれ・・・・」「街のあかりがとてもきれいね、横浜♪〜」と
                    心でつぶやきながら。
                    ふと思い浮かんだ歌がすでに懐メロ。


                    こんな夜景をみたとき、イマドキの子供たちは
                    どんな曲が頭に浮かんでくるのだろう??


                    で、ようやく着きました、山下公園。





                    何故ここで待ち合わせかというと
                    いま彼女(上の娘)はダンス命。

                    毎週末にダンス(HIPHOP)の練習に明け暮れていて
                    この土曜日も横浜・山下公園で練習だったのです。



                    同じチームのお友達にご挨拶をして
                    ちょこっと練習の成果をみせてもらい(東方神起のコピーダンサーです)

                    お〜〜〜〜、と拍手したあとご飯は中華街。





                    たらふく食べて、苦しくて、苦しくて
                    這うようにして帰りました。


                    また太ったかしら。。。とほほほほ。はなじぶ〜〜。



                    横浜、中華街より。

                    大学芋

                    0
                       

                      すごく久しぶりの書き込みです。

                      さぼっていた訳でも、仕事で忙しい訳でもなく
                      ただ画像とネタが連動してなくて、書けませんでした。反省。



                      明日、東京に行ってきます。

                      東京マラソンだから、都内はさぞ混んでいるんだろうな・・・。やだな。





                      先日大館に行ってきました。


                      誰かのつぶやきを見て、かねてから行ってみたいと
                      思っていた「大町の大学芋のおばあさん」を
                      訪ねて来ました。




                      この土地で30年近くやっているんだって。


                      100g 100円。
                      涙がでる価格です。


                      で、300円分たのんだら
                      「おまけしてやっからな」と
                      400円分山盛りくれました。



                      おばあさんの温かい味。
                      ほっくりと心まで温かくなりました。








                      みどりの薄い紙に包んでくれました。



                      帰り道で、もぐもぐもぐもぐもぐ。








                      まだまだ雪深い大館でした。






                      大館市大町十字路交差点(ルートインホテルすぐ横)の
                      おばあさんの大学芋屋さんより


                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << September 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM