連休その2「春の院展」

0
     
    横浜で保育士をしている娘が帰ってきました。



    かねてから予定していたお出かけに、
    娘も誘って、両親と娘と私の4人で入ってきました。

    「春の院展」。



    実はこれに出かけたのには理由があります。



    父の親友のおじさんが若いときから日本画を書いており
    この度、めでたく入選したのです!(秋田市在住です!)



    題名は「地獄山」。



    湯沢の奥の川原毛地獄の山々を書いたとのこと。


    一見くらい絵ですが、地獄のドロドロ感がよくでています。
    普通に見ても3Dに感じる絵です。





    幼い頃から顔なじみの池田のおじちゃん。



    国鉄の車掌さん時代からコツコツと絵の具を買い集め
    全人生と全時間とかなりのお金を、この日本画に集約しているとのこと。





    そのうちエブリにも一枚分けてほしいな。赤い色の絵がいいな。




    院展の中は残念ながら撮影禁止でしたので
    プログラムと入場券(一般900円)



    今回の作品の中で、何枚かが色紙や絵はがきとして販売されていました。


    思わず数枚購入。


    その中のお気に入りがこの2つ。






    写真ではわかりにくいですが、繊細なタッチと、大胆な色遣いが好き。




    できないこと、ないものに憧れるのは人間の性です。





    秋田市アトリオン2階 「春の院展」秋田展より。









    連休その1「こいのぼり」

    0
       
      私には甥っ子(弟の子供)がいます。

      三歳半の二卵性双子(男子)です。



      私と弟は4歳年が離れております。
      幼少の頃は、まだあのころには珍しい鍵っ子(両親共稼ぎのため)でした。


      昭和30年代から40年代にかけては、総じて皆おなじような暮らしを
      していたので、おひな様やこいのぼりを買ってもらえる家など
      回りを見渡してもほとんどありませんでした。

      (※カラーテレビを購入するとその家まで見にいったくらい・・・)





      その反動か、孫(私の娘+弟の息子たち)のためと
      おじいちゃんと、おばあちゃんは、おひな様とこいのぼりを購入してくれました。


      半分、おじいちゃんとおばあちゃん孝行のために
      毎年5月に入る前後にこいのぼりの準備をします。

      今年は雨や低温が続き、5月1日にセットアップ。




      これが・・・・・思いの外・・・・・大変なんだな・・・。


      あ〜でもない。


      こ〜でもない。


      なんで毎年悩む??




      ようやくセット完了。



      今日は風も適度にあり、青空を泳ぐこいのぼりは
      本当に5月の風物詩だと感じる爽やかさ。









      うん。


      確かに屋根より高い。




      丈夫で元気で明るい!
      そして、人に優しく、心たくましい(おばさんは欲張り?)男の子に育って欲しいな。



      あまり泣いてばかりだと駄目だぞ「健」。

      ちゃんと大人の言うことをきかないと駄目だぞ「康」。




      そうです。双子の名前を足すと「健康」。
      おばあちゃんの気持ちがこめられた命名です。







      健と康の すこやかな成長を願って。



      自宅庭より。

      ご招待を受けました

      0
         
        日頃から大変お世話になっている会社の方から
        お招きを頂き、秋田市内でも最高に美味しい(私の中のベスト3)お店に
        行って来ました。


        今回は東京からいらしたお二人の女性とともに、
        すこし年期の入った?!女子4名で華の宴です。


        予想通りの美味しいコース。

        運ばれて来るお料理ひとつひとつが洗練されている。
        器も綺麗。


        一品料理はほんと秋田市内一番だと思います。

        看板も小さな、ひっそりとした風情のお店。
        その日は桜を生けておりました。


        (※でも超寒い。。。で。。。店内はストーブが。。ホスピタリティですね〜)



        では、この日のメニューを紹介します。

        メニューというか、お約束のビール。
        綺麗なクリーミーな泡が出来るのは、グラスを丁寧に洗っている証拠。
        良いお店だ。




        次にお通し。
        ぷっくりした蛍イカと玉ねぎスライスのごまソース。

        これに男鹿のトロトロわかめもありました。(映すのわすれた・・)


        そして、ジューシーなペッパー味の県内産豚トロテッパン焼き。


        私はお肉の脂はあまり得意じゃないのだけれど
        ほどよく脂が溝に落ちるので、さっぱりと頂けました。

        ブラックペッパーが利いているので、レモンを搾っただけで、ホント美味。




        続いてタコと季節野菜&ハーブのカルパッチョサラダ。

        タコの歯ごたえと、ルッコラの風味が絶妙。
        しかも豚トロの後に、これが出てくるあたりがこのお店の親切だな。


        お口がさっぱりした所で
        春の息吹。山菜のてんぷらを粗塩で。


        こごみ・たらのめ・さしぼ。

        胸が重くなるので普段はあまり食べない天ぷら。
        この日の天ぷらは、サクサクしていて、山菜がほくほくしていて熱々で
        本当に美味しかった。

        さしぼも初体験の味。



        これからの本格山菜シーズンが楽しみです!
        私は採るのも、食べるのも山菜大好き。

        山の幸の次は海の幸。


        盛りつけが綺麗なうえ、切り方(身の形)がそれぞれ異なるの。

        ・すずき
        ・そい
        ・なんかの貝
        ・味
        ・サーモン

        普段はお寿司やさんでも食べないネタでも、旨い旨い!ぜんぶぺろり。



        途中、仕込み水を頂きながらお料理を楽しみます。

        おちょこも選べるのが嬉しいね。


        そして東京メンバー絶賛の、行者ニンニクみその冷や奴。


        その後も、こんなに食べながらも全員でぺろり。
        それだけ旨い、ばっけ(ふきのとう)みその山菜ピザ。


        うます・・・・・。


        そして行者ニンニクと、お豆腐、大きなお揚げ、鶏肉の水炊きを
        鍋で堪能しました。


        でも黒い土鍋が片付けられない・・・・も・・・・・も・・・・もしや。




        はい、当たり。雑炊です。

        ぐつぐつぐつ。はふはふはふ。ふ〜〜ふ〜〜。あひぃあひ。うまい。



        熱いお口をく〜るだうん。最後のデザートしゃりしゃりバニラアイス。




        大変美味しゅうございました。



        また、太ったな、こりゃ。




        秋田市南通り「ん。」より

        良い店みっけ!

        0
           

          お客様のいる大潟村に行く時は
          一番近い農道を通っていきます。

          そこに、かねてから気になる店がありました・・・・・。



          普通の家のような、小さな産直市場のような、謎の店。
          外の看板には3つのメニューが書いてあるので、どうやら食べ物屋さんらしい。



          ず〜〜〜〜〜と気になっていて、
          友人に話したら、勇気を持って行ってみようと言うことになり、初体験。



          その日は朝に畑で取れたというキャベツと人参のおひたしがでて
          それがすんごく甘い。
          お砂糖に煮たように甘い。


          で、一気にファンになりました。

          そこで、別の友人とまたまたランチをしに、はるばる行ってきました。

          入口には何故か薪ストーブ。


          AKITAはまだまだ寒いものね〜〜。


          店内はこんな感じ。




          今日のランチは
          ・ご飯
          ・具だくさんの味噌汁
          ・サイコーに美味しい茶碗蒸し
          ・ペッパーベーコン?のミンチ唐揚げとサラダ
          ・なすとワラビの漬け物
          ・謎の野菜(でも美味しい)の白和え


          でした。



          素朴な味つけがGOOD!

          しかも600円。



          一緒に行ったお友達が最近「茶碗蒸し」に凝っているとのことで
          作り方を聞きつつ、お店の裏で飼っている鶏が今朝産んだ卵を10個購入。





          美味しい茶碗蒸しできたかな??



          場所は・・・・・・・・・・・・・・・説明出来ません。
          秘密の場所ということで探してみてください。



          潟上市昭和町大久保「畑の友」
           080-5220-8592(女将さんの電話)


          春キャベツ

          0
             
            食べ物ネタが続きます・・・・・



            これは私が大好きな絶品春キャベツ。
            大皿に盛られてくるのだけど、2皿もぺろり。



            自分で作っても、ど〜〜もこの味は出せません。

            どうやらキャベツ自体が違うらしいよ。
            春に採れるキャベツじゃなくて、このような品種があるらしい。



            季節になると必ず食べたくなる一品。





            そしてこの日は


            はまぐりの酒蒸し。


            そして


            わがまま蟹。というメニュー。


            蟹を茹でて甲羅にみそと味をつめこんだもの。
            手を汚さずに蟹を堪能できる一品。



            う〜〜ん考えたね




            秋田市土崎 白帆さんより

            打ち上げ

            0
               

              昨日、とあるお客様と仕事の打ち上げに行ってきました。


              お店は・・・・・悩んだ末、
              かねてから行ってみたいと思っていたお店。


              カワバタ×みきょう小路×ヒトイキ(一息)さんです。


              小路の突き当たりに兎のマークの提灯が目印で
              店内は、間接照明が古新しい感じで、ナカナカの雰囲気。




              マスターは、このお店とは別にもうひとつのお店を経営しているらしい。


              わかいのに凄いね。(兎年だから兎がモチーフとか?)



               基本的にお料理は並んでいるお惣菜を中心に出てくるしくみで
               おまかせ2000円コースだけ。


               あと飲み物は別料金。
               とりあえず練習しなきゃと、先に陣取りをしていたSさんと、ビールを!



              あわわわわが美味しい。

              突き出しがこれ↓




              海老と貝ときのこのブラックペッパー和え(住田が命名)


              海老好きな私としては、これが一番美味しかった。
              あとはいろいろ、綺麗でレトロな器で、ちょこっとずつ出てきました。



              これはマカロニサラダ。
              基本的に家庭料理系なんだな・・・・。

              え・・・・と・・・・・
              2000円コースをおさらいをすると

              ヽは靴罰ときのこのブラックペッパー和え

              ∋淨

              D劼永

              いりぼし大根の煮物

              ネ饐討

              ζ擇粒兌

              Д泪ロニサラダ

              ┘灰泪い両討物


              だったかな?


              お店を出る時、みなさん喜んでくれたけど
              個人的には最後に、締めの「おそば」とか「甘みもの」があれば
              より嬉しかったかな?!




              まずはご馳走様でした。




              秋田市大町 みきょう小路「一息」さんより

              不思議の国のアリス

              0
                 8日に東京へ行き、お客様と打合せを行ってきました。

                秋田はまだストーブを付けているというのに
                お客様のオフィスからみる半蔵門あたりは桜が満開。


                やっぱり季節が違いますね・・・。




                打合せを終えてから、友人のお誕生日と快気祝いを兼ねて
                とあるお店へ行ってきました。

                お店はもう一人の友人が選んでくれた特徴あるお店。



                楽しみに行ってみると・・・・・


                まずはエレベータを下りると、こんな感じ。


                あれれ・・・・?

                店がない・・・・。




                店員さんが出てきてくれて、案内されると、そこは迷宮の国。
                (壁が開き、道が出てくるのです・・・)





                時間を告げる時計も・・・・・



                そうなんです。

                このお店は迷宮の国アリス。
                アリスをテーマにしたレストラン。

                だから店員さんもこんな感じ。




                案内された席の照明は・・・


                ほんで、おもちゃの箱のような物を持ってきたと思ったら
                なんとメニューが・・・・



                店内の中央にはこーピーカップの席もあり
                どうやらそこが一番人気らしい。

                店内も当然「アリス」です。




                さっ、ここからお料理が運ばれてきますよ。




                まずはサラダ。
                なんとか、かんとかって言われたけど覚えていない・・・・。





                テーマに合わせた名前があるみたいだけど
                ディスイーランドよりも「アリス」「アリス」しているみたい。。。


                飲みものもこれ↓


                どんどん出てきます。
                おもろい料理が・・・・






                そしてお誕生日さんには、ケーキが!



                一緒にハッピーバースディを歌ってくれました。(可愛い店員さん)


                最後はデザート


                大変個性的なお店でした。






                お店は新橋(銀座)あたりでした。
                帰り道、なにやら中継車が沢山・・・・NHK・・・フジテレビ・・・・なんだ、なんだ。







                東京電力の本社でした〜〜〜!




                東北人としては「なんとかしてよ。東電さん」と
                心でつっこみを入れながら、春風の中、ほろ酔いで帰ってきました。。。





                迷宮の国アリス銀座店より





                春の土づくり

                0
                   
                  久々のブログです・・・・。

                  なかなか書き込めず申し訳ありません・・・・。

                  いつも見に行ってまた更新がなかったのでがっくり・・・との
                  声も頂いております・・・・・・・。今後頑張ります。




                  さてさて、


                  震災があってから
                  可能な限り、自宅→会社→自宅 と徒歩で通うようにしています。
                  もちろん健康(本当はダイエット目的もあり・・・)と、省エネ(ガソリン高いので)のためです。


                  早足で歩くと30分程度なのですが
                  はじめはとても長く感じました。


                  いまは春に変わっていく風や、まわりの風景を見ながら
                  楽しく歩けています。

                  そんな中、とても気に掛かる事がありました。

                  昨日まで手つかずであった道筋の畑が、どんどん春の土づくりをはじめ
                  畝を作ったり、肥料をやったり、土を起こしたり、石灰を播いたり
                  日に日に春の農作業の準備が進んでいくではないですかっ!!


                  あせる・・・・・。




                  非常にあせる・・・・・。




                  昨年末に苗付けをした「my玉ねぎ」もへなちょこのままだし・・・・・。






                  と、悩みながらようやくお休みとお天気に恵まれ
                  私も準備が出来ました。

                  まずは玉ねぎちゃんのお手入れ。
                  雑草をすこし整理して、マルチに土を入れてパンと張り、
                  少しだけ追肥しました。



                  玉ねぎは植えたのが、かなり遅かったので
                  苗自体がすでに老けていて、根がついたのは数本でした。。。

                  ま、


                  初めての玉ねぎ作りなので出来ただけで上等!


                  ちょうど秋田では、いまようやくクロッカスの季節。









                  植えたわけでもないのに、ちゃんと毎年咲いている。
                  賢いやつだ。



                  で、私は自宅の横の砂場の一部を
                  テスト用地としていろいろな作物を今年から植えるつもりで
                  土起しをして、石灰を播きました。





                  まあ、家庭菜園のさらにまねごとみたいなので
                  恥ずかしい限りですが、見よう見まねで今年も頑張ってみますね。



                  時々、私の「なんちゃって畑バージョン」を実況します。



                  昨年はジャガイモ・人参・とまと・きゅうり・大根を収穫。


                  今年は3歳の双子の甥っ子のためにサツマイモでも
                  植えようかと画策中。





                  では、又アップします。



                  汗書いた〜〜〜〜爽快。





                  秋田市自宅の畑より

                  ついに・・・・森伊蔵

                  0
                     

                    昨年暮れ、エブリの忘年会の席で
                    うちのウェブデザイナーS君が、「森伊蔵飲みたいんだけど手に入らなくて・・・」と
                    言うではないか。


                    私の悪い癖で
                    すぐに何とか願いを叶えてあげたくなる。

                    それと普段から無理を言っている罪滅ぼしの意味も込めて
                    手に入れようと決めた。


                    で、ネットで検索。



                    む、む、む・・・・・。


                    どうやらかなりいろいろな方法があるみたい。

                    まず普通に購入する場合はJALに乗って機内販売(国際線)で買うか、
                    地元の酒販店に申込み気長に待つか、
                    高いお金(20,000円〜40,000円位)を出して都内の某有名百貨店で手に入れるか、
                    蔵元が毎月行う抽選に地道に応募するか、

                    の方法しかないみたい。





                    こんな大変なんだ。。。。プレミアム焼酎って。






                    中には蔵元の抽選に当選する必勝法の本なんかも出てる。
                    すごいな、こりゃ。



                    で、決めました。
                    抽選で手に入れてみる!


                    抽選方法は
                    毎月15日〜25日の間にひたすら電話をかけ、電話が繋がれば申込み完了。
                    翌月1日〜14日の間にひたすら電話をかけ、電話が繋がれば当選か落選か分かる仕組み。
                    当選したらさらに翌月の中旬に送られてくる仕組み。


                    まず、繋がらない。
                    10回に1回繋がるか、どうかって位の確率。


                    年末24日と25日の二日間・・・・・電話する。電話する。電話する。なんとかようやく申込み完了。
                    1月1日から、今度は抽選結果を聞くために、電話する。電話する。電話する。電話する。



                    繋がった!
                    アナウンス:この度は・・・誠に恐れ入りますが・・・・・またの・・・・・。



                    駄目だった。







                    でも諦めない。
                    この粘りが仕事にも生かされていれば、
                    エブリもさらに発展するのにな・・・なんて考えながら苦笑い。




                    1月15日から・・・・・・・電話する。電話する。電話する。なんとかようやく申込み完了。
                    2月1日から、今度もまた抽選結果を聞くために、電話する。電話する。電話する。




                    繋がった!
                    アナウンス:この度は、お買いあげありがとうございます。


                    感激


                    二回目(足かけ2ヶ月?!)で当選できたのは運が良かったから?

                    で、翌月(3月)の中旬に送られてくるはずだったんだけど
                    森伊蔵の方から3月14日にお電話を頂き、この度の震災で
                    宅急便が東北地方に行かない。とのこと。


                    ここまで来たら待ちますよ。なんてことない。





                    で、







                    本日、到着しました。じぃ〜〜〜〜〜ん。



                    一応、あけてみようっと。



                    おそるおそる、ぺりぺり。。。




                    ふたをそぉ〜〜っと開けると



                    ジャジャジャ〜〜ン「森伊蔵」くんがいた。




                    こんなに難儀して手にいれたけど、味わう事なくS君へあげる。





                    S君。味わって飲んでくれ。
                    お祝いも兼ねて。


                    中には震災で発送が遅れた旨のお手紙も入っていた。
                    この蔵元さんは、本当に森伊蔵を飲みたいと望んでくださるファンのために
                    毎月仕込み、毎月定量を、お送りして焼酎の味を守っているそうな。

                    沢山作れば、もっと売れるだろうけど、そうしない所がこの蔵の素晴らしきとこ。





                    S君。あとで飲んだ感想教えてね。






                    水没後の学校

                    0
                       
                      娘がいた宮城県岩沼市の学校と寮。

                      1つ下の後輩(寮生)から送られてきた画像。




                      松の木も、桜の木も ほとんどなぎ倒され・・・・







                      教室は瓦礫と、まだ泥が大量に・・・・。



                      この学校は新入生はもちろん、在校生も6月まで自宅待機とのこと。



                      娘の後輩さんは、いても、たってもいられず
                      学校を訪れ、その悲惨な状態に思わず写メで娘にメールをくれたそうな・・・・。


                      思い出深い松林に囲まれた静かな寮も、
                      一所懸命に勉強し、資格取得に励んだ学校も、いまは瓦礫の中。


                      悲しいとか、可哀想とか、以前に
                      この4月から来春に向けた就職活動がほとんどできない。

                      娘の時は「超氷河期」と言われたけれど、今回はそれ以上。
                      後輩さん達とその親御さんの事を思うと、本当に罪深き震災だと改めて思います。





                      後輩さんからの写メールより。


                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << December 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM